花彩々(生け花)・絵本の愉しみ

絵本の愉しみ

      絵本は子どもだけのものではありません。年齢や世代を超えて共有できるものです。

     人生の喜び悲しみ、人間として生きるうえで大切なもの、自然との関わり、長く語り 継がれて

  きた先人の知恵などが、洗練された絵と簡潔な文章の中にぎっしりと詰まっています。

     大人になった今だからこそ、絵本を手に取ってみませんか。

                          『100万回生きたねこ』(佐野洋子 作・絵 1977年刊行 )

                             この絵本がきっかけで、絵本にハマった人も多いと聞きます。

                          主人公はりっぱなオスのトラ猫。

                           「100万回年も しなない ねこが いました。

                            100万回も しんで 100万回も いきたのです。

                            100万人の人が、そのねこをかわいがり、

                            100万人の人が、そのねこが しんだとき なきました。」

                          これほどたくさんの飼い主から溺愛された猫だったのに、猫が飼い主を

                         愛することはありませんでした。猫が愛しているのは自分だけ。

                          けれどもある時オス猫は、一匹の美しい白いメス猫に出会います。

                          言い寄る他のメス猫には目もくれず、美しい猫に猛烈にアタックするオス猫。

                         そんなオス猫を一顧だにしないメス猫。ついにオス猫は、ただシンプルにまっ

                        すぐに愛を伝えます。「そばにいてもいいかい」と。

                         それから二匹はいっしょに暮らし、たくさんのかわいい子猫も生まれます。

                 オス猫は初めて自分よりも愛する存在と出会ったのです。しかし、ある日メス猫

                 は死んでしまいます。初めて泣くオス猫。百万回も泣いて泣いて、とうとうメス猫

                のそばで動かなくなってしまいます。

                オス猫は二度と生き返りませんでした。

        オス猫が、百万回も生死を繰り返さなければならなっかたのは、本当に大切なものに

                      出会えなかったからでしょう。大切なものに出会ったとき、オス猫はその人生(猫生?)を

                  充足して生き、一度だけのかけがえのないものして終えることができたのです。

           「あなたの人生の大切なものは何ですか。」と、この絵本は語りかけてくれます。


・花彩々      

   いけばなは、仏さまに花を献じる供花に由来すると言われています。

 法城寺の本堂外陣には、住職の手によるお生花(せいか)がいけられています。

 写真と合わせてご紹介していきます。


   ◎藤袴一種生け

     秋の七草の一種、藤袴の一種生けです。自然の風情を大切

    に生けてみました。


                                                                                                  ◎石化柳にはそのままで絵になる造形美があります。菊

                                                                                                  をあしらって逆勝手にいけました。